寮生活に寮費はかかる?

ほとんどのメーカーで無料としている

正社員であれば寮費補助という形で一部負担をすることになりますが、基本的に期間工を募集している大手メーカーでは寮費を無料としているところが多いです。寮生活は食堂・風呂・トイレが共同となっているため、個室でなければつらいと考えている人には負担が大きいといえます。経済的な負担を低減して一定期間働き、貯金をしたいと考えているなら、寮に入ったほうがいいでしょう。ただし、すべてのメーカーでは寮費を無料としているわけではありません。正社員同様寮費を一部負担としているところもあります。業種によって水道・光熱費を含めて5千円から1万円程度の間となっているため、割安な価格で生活費を抑えることが可能です。また、水道光熱費がかからないため、給料の中から一部負担をするとしても、大きな負担とはなりにくいといえます。

業種によっては多少割高となる

業種によっては、水道光熱費を含んでも経済的な負担が少なくないところもあります。部品メーカーの場合、1万円から3万円といったところや、数か月の間無料といった制度を採用しているところもあるため、企業ごとの情報を確認してから応募したほうがいいです。なお、企業の中には社員以外に金額を教えない方針を採用しているところもあるため、面接時に確認して聞いたほうがいいでしょう。1ヶ月3万円を高いとみるか、安いとみるかは人によって異なります。経済的な負担をできるだけ低減したいと考えている場合、別のメーカーへ働きに出かけたほうがいいです。寮費は無料あるいは低価格であっても、食費はかかるところが圧倒的に多いといいます。平均的に3万円から4万円前後かかるため、食費のことを考えておくことを忘れないでください。

ずっと働き続けることは出来ないけれど、少しの期間働きたい。そんな時には期間従業員の募集を探し応募してみましょう。