期間工の契約が満了してもまだ働きたい!同じ職場で契約更新はできる?

求人選びの時に契約更新の実績がある工場を探してみよう

期間工の契約が満了した後も同じ工場で働きたいという人は、求人選びをする時に過去に契約更新の実績がある工場を探すのがおすすめです。例えば、年間に数百人から千人程度の大人数の期間工を募集する工場の中には、出勤日数や勤務態度に応じて数回の契約更新を認めているところが多くあります。また、契約更新後に給料がアップしたり、様々な手当が支給されたりすることもあるため、妥協することなく色々な工場の待遇について調べておくと良いでしょう。なお、契約更新の有無については、期間工の求人表に記載がないこともあるため、場合によっては直接求人先の工場に問い合わせをしたり、工場内で長く働いている人に話を聞いたりすることが大切です。

契約更新を繰り返して正社員になれる工場もある

大手の自動車や機械のメーカーの工場では、契約更新を繰り返した優秀な期間工を対象として正社員登用が行われることもあります。正社員登用の対象となる人数や条件については勤め先によって大きく異なるため、将来的に正社員になりたい人は、早いうちから各地の工場の人事のシステムについて調べてみましょう。また、年齢が若い人や、専門スキルや体力が優れている人については、正社員登用される可能性が高い傾向があるため、求職中に長く働けそうな工場を見極めることが重要です。その他、希望者の大半が契約更新される工場については、例年多くの求職者が採用試験に申し込みをするため、余裕を持って選考に向けて準備を始めるのがポイントです。

期間工の募集は、シーズンによって労働力が必要となる大規模工場を中心に行われており、学生や若年層のフリーターの応募が目立ちます。